天気予報を見る
 
新聞購読申込

人種差別への遺伝学利用を批判/米学会が声明発表

2018/10/21 17:51

 【ワシントン共同】米人類遺伝学会は20日までに、白人至上主義のグループなどが遺伝学を誤った解釈で人種差別に利用していると批判する声明を発表した。

 ニューヨーク・タイムズ紙によると、米国では、牛乳に含まれる乳糖を大人になっても消化できるといった特定の体質を白人の遺伝的特徴と誇張してネットに書き込むグループがある。声明はこうした集団を念頭に「遺伝学を曲解して人種差別主義に用いることを糾弾する」とした。

 また人間の遺伝子の違いはさまざまで、決定的な分類はできないと指摘。「遺伝子を基に人種の純血を掲げるのは科学的に無意味だ」と強調した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.