天気予報を見る
 
新聞購読申込

子宮頸がんワクチンは重要/日本医師会が講演会

2018/10/13 20:14

 日本医師会などが開いた子宮頸がんワクチンについて考える講演会=13日午後、東京都文京区
 日本医師会などが開いた子宮頸がんワクチンについて考える講演会=13日午後、東京都文京区

 日本医師会などは13日、子宮頸がんワクチンの有効性や安全性について考える講演会を都内で開いた。専門家からはワクチン接種の重要性を訴える意見が相次いだ。

 ワクチンは2013年に原則無料の定期接種となったが、副作用の訴えが相次いだため、国は積極的な接種の呼び掛けを中止した。現在も原則無料だが、接種率は1%未満となっている。

 一方、海外ではワクチンは普及しており、がんになる前に見られる症状が予防できるという研究結果も報告されている。

 登壇した新潟大の榎本隆之教授は、接種によってウイルス感染を90%以上の確率で防ぐことができたとする自らの研究を紹介した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.