天気予報を見る
 
新聞購読申込

拠点病院8割超が災害対策見直し/北海道、地震と全域停電受け

2018/10/06 19:56

 苫小牧市立病院の非常用発電機=2日、北海道苫小牧市
 苫小牧市立病院の非常用発電機=2日、北海道苫小牧市

 発生から1カ月を迎えた最大震度7の北海道の地震と全域停電(ブラックアウト)を受け、道内にある34の災害拠点病院のうち、30病院(88・2%)が非常電源施設や事業継続計画(BCP)を見直したり、見直す方向で検討したりしていることが6日、共同通信のアンケートで分かった。

 原則各都道府県に1カ所以上あり、救護・医療の中核となる「基幹災害拠点病院」で、道外にある60病院のうち、災害対策を見直すとしたのは26病院(43・3%)。道内医療機関の震災時の経験や危機感を、全国的に共有していく取り組みが求められそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.