天気予報を見る
 
新聞購読申込

来秋にもiPS心筋移植、大阪大/地震被災で遅れ

2018/10/04 19:46

 日本耳科学会総会・学術講演会に出席した大阪大の澤芳樹教授=4日午後、大阪市
 日本耳科学会総会・学術講演会に出席した大阪大の澤芳樹教授=4日午後、大阪市

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った「心筋シート」を重症心不全患者の心臓に移植する大阪大チームの臨床研究は、来年秋ごろに1例目の移植が実施される見通しとなったことが4日、分かった。iPS細胞の心臓病治療への利用は世界初。

 臨床研究は厚生労働省の専門部会が今年5月に大筋で承認。本年度中に1例目の移植を実施する計画だったが、6月の大阪府北部地震で同府吹田市にある研究施設が被災し、移植用の細胞の培養に遅れが出て、来年4月以降に延期する方針を固めていた。具体的な実施時期が判明するのは初めて。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.