天気予報を見る
 
新聞購読申込

訪問介護の生活援助に回数基準/月27〜43回以上で点検

2018/10/04 17:38

 厚生労働省は10月から、高齢者らの自宅でヘルパーが掃除や調理をする訪問介護の「生活援助」について、介護の必要度に応じて基準(月27〜43回)を設けた。基準回数以上利用する介護計画(ケアプラン)の場合は、ケアマネジャーに市町村への届け出を義務付け、妥当性を点検する。約50万人の利用者のうち回数の多い5%程度の約2万5千人が対象となる。

 訪問介護は介護保険で利用でき、自己負担は1回数百円程度。過去の調査では、1人当たりの平均利用回数は月10回程度だったが、同じ要介護度でもばらつきがあり、中には月100回以上の人もいた。「家政婦代わり」との批判もあった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.