天気予報を見る
 
新聞購読申込

AIで心疾患の診断迅速化/GE系と北九州の病院連携

2018/10/03 14:33

 医療機器メーカーのGEヘルスケア・ジャパン(東京)と北九州市の小倉記念病院は、心筋梗塞や狭心症の診断迅速化につなげるため、人工知能(AI)が動脈に詰まりがないか自動で診断する共同研究を始めた。GEの開発したシステムが、病院が持つ約2万件のコンピューター断層撮影装置(CT)画像を順次読み込んで学習し、短時間で高い精度の診断を可能にすることを目指す。

 日本人の死因の上位を占める急性心筋梗塞は、病院到着から1時間半以内に正確な診断と治療を行う必要があり、医療現場でこうした仕組みの導入に対する期待が高い。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.