天気予報を見る
 
新聞購読申込

風疹、昨年の5倍超496人に/首都圏中心、増加に転じる

2018/09/19 11:30

 週ごとの風疹感染者報告数の推移
 週ごとの風疹感染者報告数の推移

 風疹ウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
 風疹ウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 国立感染症研究所は19日、今年の風疹の患者数が496人となり、昨年1年間の5倍超に達したと発表した。患者は東京都や千葉県などの首都圏と、愛知県で多い。

 9日までの1週間に報告された患者は127人。前週は、前々週と比べ報告数が減少していたが、増加に転じた。都道府県別では東京が32人、千葉が27人、神奈川が19人、埼玉と愛知が11人。

 風疹はくしゃみやせきで感染する。妊娠初期の女性が感染すると、赤ちゃんが難聴や心臓病、白内障になるリスクがあり、妊婦や家族は特に注意が必要。潜伏期間は2〜3週間。予防にはワクチン接種が有効だが、妊婦は接種できない。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.