天気予報を見る
 
新聞購読申込

イグノーベル賞の堀内医師語る/「長野で大腸がんゼロに」

2018/09/16 16:06

 15日、米マサチューセッツ州ケンブリッジで取材に応じる堀内朗さん(共同)
 15日、米マサチューセッツ州ケンブリッジで取材に応じる堀内朗さん(共同)

 【ケンブリッジ共同】ユニークな科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」の医学教育賞を受けた長野県の昭和伊南総合病院の堀内朗内科診療部長兼消化器病センター長(57)は15日、内視鏡検査の受診を広め「長野県から大腸がんをゼロにしたい」と意欲を語った。米マサチューセッツ州ケンブリッジで共同通信の取材に応じた。

 堀内さんは苦痛を減らす内視鏡検査方法を模索し自らが患者役になり、座った姿勢で試行を重ねた業績が評価された。受賞については「まさかこんなことになると思っていなかったので、神様のいたずらじゃないかと思った」と振り返った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.