天気予報を見る
 
新聞購読申込

安全対策強化は見送り/無痛分娩での陣痛促進剤

2018/08/28 19:36

 無痛分娩の際に使われることの多い陣痛促進剤について、厚生労働省の専門家会議は28日、安全対策強化のために薬の添付文書の改訂をする必要はないとの見解をまとめた。

 無痛分娩時の死亡事故が相次いだことを受け、出産事故の被害者らからは「使い方を誤ると子宮破裂につながる」として対策強化を求める声が出ていた。

 会議で、厚労省側は過去3年間に無痛分娩後に報告された脳性まひなどの有害事象29例を調べたが、陣痛促進剤との因果関係は見つからなかったと報告した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.