天気予報を見る
 
新聞購読申込

乗降楽な電動車いすを導入/滋賀の病院、患者の負担減

2018/08/28 19:02

 草津総合病院が導入した電動車いす「RODEM(ロデム)」の実演=28日、滋賀県草津市
 草津総合病院が導入した電動車いす「RODEM(ロデム)」の実演=28日、滋賀県草津市

 滋賀県草津市の草津総合病院が28日、ロボット開発のテムザック(福岡県)が手掛けた乗り降りが楽な電動車いす「RODEM(ロデム)」を導入した。またがって乗るバイク型で、ベッドから体の向きや高さをあまり変えずに乗り移れる。患者や介助者の負担軽減が期待できるという。

 この日のお披露目会では、スマートフォンで遠隔操作したロデムがベッドの横に移動。患者役の作業療法士が腕の力を使って前向きにまたがり、スムーズに移動した。このスタッフは「患者さんを車いすに移す作業で、介助する側が腰を痛めた経験がある。負担が軽くなるのは大きい」と話した。

 価格は1台98万円。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.