天気予報を見る
 
新聞購読申込

2割超リスク情報提供せず/医薬品販売サイト

2018/08/27 18:10

 厚生労働省は27日、一般用医薬品のうち、リスクが高い第1類を販売するインターネットサイトの24・4%が、医薬品医療機器法で義務づけられている副作用などの情報提供を、購入者に実施していなかったとする2017年度の調査結果を発表した。前年度から1・2ポイント上昇した。

 薬のネット販売は14年6月に解禁され、今年7月末時点で約1900のサイトが届け出ている。厚労省の担当者は「法令順守の面で改善が見られない点が多い。積極的な監視や指導を進めたい」としている。

 調査は昨年11〜12月に実施。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.