天気予報を見る
 
新聞購読申込

ロボット用い遠隔操作で「生検」/岡山大、国内初成功

2018/08/25 16:54

 医師がCT画像を見ながらロボットを操作して行う「生検」のイメージ(岡山大提供)
 医師がCT画像を見ながらロボットを操作して行う「生検」のイメージ(岡山大提供)

 病理検査のため体内の腫瘍に針を刺して組織を採取する「生検」に、岡山大のチームが、独自開発したロボットを用い、国内で初めて成功した。

 臨床試験として6月に実施。遠隔操作で針を刺せ、採取の際の位置把握に必要なCTによる医師の被ばくを防げ、手ぶれのない高精度の生検も可能になるという。

 平木隆夫准教授(放射線医学)は「手技が習得しやすく医師や地域の技術格差を減らせる。へき地への遠隔医療にも活用が期待できる」と話す。

 平木准教授らは、生検ができる遠隔操作ロボットの開発に2012年に着手し、16年に完成させた。今後、臨床試験を重ね、5年以内の製品化を目指している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.