天気予報を見る
 
新聞購読申込

iPS角膜移植の承認申請、阪大/臨床研究、学内で初会合

2018/08/22 19:36

 iPS細胞から作った角膜移植について、大阪大で開かれた審査委員会の初会合=22日午後
 iPS細胞から作った角膜移植について、大阪大で開かれた審査委員会の初会合=22日午後

 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から角膜の細胞を作り、角膜を損傷した患者に移植し再生する臨床研究の実施を、大阪大の西田幸二教授(眼科学)のチームが22日までに学内審査委員会に申請した。初回会合が同日開かれ、継続審議となった。今後認められれば厚生労働省に申請し、承認を得て2018年度中に開始、23年ごろの実用化を目指す。視力障害がある患者の救済につながると期待される。

 角膜は目の中央にある透明な膜で、水晶体とともにレンズの役割を持つ。

 計画では角膜上皮幹細胞疲弊症の重症患者にiPS細胞から作った角膜細胞を培養してシート状にして移植。安全性などを検証する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.