天気予報を見る
 
新聞購読申込

風疹、国内で流行の可能性/千葉と東京で患者が急増

2018/08/21 17:55

 風疹ウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
 風疹ウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 国立感染症研究所は21日、今年に入って報告された風疹患者は計139人となり、直近の2015〜17年を上回るペースで急増していると発表した。患者が確認された22都道府県のうち千葉と東京が突出しており、両都県で約6割を占める。感染研は「流行が始まっている可能性が高い」としている。

 13年に起きた流行後、風疹患者は少数にとどまっていた。今年7月下旬から急に増え、8月上旬には17年の患者数計93人を上回った。

 患者で目立つのは30〜40代の男性。効果的とされる2回目の予防接種を受けていない上に、実際に感染した経験もないため、十分な抵抗力のない人が多い世代という。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.