天気予報を見る
 
新聞購読申込

乳児用液体ミルク、商品化へ前進/災害時活用やイクメン増に期待

2018/08/08 16:55

 乳児用液体ミルクの製造、販売に関する規格基準を定めた厚生労働省令が8日、公布、施行され、国内メーカーが商品化を進める環境が整った。

 乳児用液体ミルクは、粉ミルクと違って、一度沸騰させた湯に溶かしてから人肌程度に冷ます「調乳」の手間が要らないのが特徴。清潔な水が得にくい災害時の活用や、男性の育児への参加を促す効果も期待される。

 省令では、製造過程で加熱殺菌すると明記。認められる原材料は粉ミルクと同じで、常温保存ができるよう、あらかじめ殺菌した容器に無菌状態で詰めることなどを定めた。

 これまでは基準がなかった。今後は各社の開発が加速しそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.