天気予報を見る
 
新聞購読申込

ICUから多剤耐性菌を検出/鹿児島大病院、改修工事を実施

2018/08/03 18:31

 記者会見する鹿児島大病院の夏越祥次院長(左)=3日午後、鹿児島市
 記者会見する鹿児島大病院の夏越祥次院長(左)=3日午後、鹿児島市

 鹿児島大病院(鹿児島市)で患者15人から多剤耐性菌などが検出され8人が死亡した問題で、集中治療室(ICU)から菌が検出されていたことが3日、分かった。15人中、14人は入室中または退出後に検出したため、ICUが原因になった可能性がある。病院は再発防止のため、ICUの改修工事を実施している。

 病院によると、今年4月に入院した患者2人が多剤耐性アシネトバクターの感染症を発症して死亡した。その後の検査で、ICU内のマットレス16台中、3台から菌を検出した。入院患者からの菌検出は2017年4月から続いていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.