天気予報を見る
 
新聞購読申込

がん「標準治療」、実施率73%/14年、全国でほぼ定着か

2018/08/02 00:32

 国立がん研究センターは1日、2014年にがんと診断された患者が、科学的な根拠に基づいて奨励される「標準治療」を受けた割合は73%だったと発表した。前年の72%に比べるとほぼ横ばいで、同センターは「全国で標準治療がおおむね受けられるようになっているのではないか」と分析している。

 がん診療連携拠点病院を中心とする全国の424施設で、約57万人の患者を対象に、学会が推奨している9種類のがん標準治療の実施状況を調べた。調査は、全国で幅広く質の高いがん治療が提供できているかどうかを調べるために実施した。

 肝臓がんや肺がんでは、ほぼ90%が標準治療を受けていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.