天気予報を見る
 
新聞購読申込

がんゲノム医療で薬の早期承認へ/厚労省、開発促進

2018/08/01 21:49

 厚生労働省は1日、がん患者の遺伝子を調べて個人に合った治療を提供する「がんゲノム医療」で使える薬を増やすため、並行して進める研究の中で有望な候補が見つかった場合には、保険適用を前倒しする条件付き早期承認制度を活用すると決めた。

 厚労省は、がんゲノム医療を推進しており、全国100カ所以上の病院が参加する仕組みを構築。だが現状では、使える薬が少なく有効な治療に結びつくケースは1割程度にとどまるという問題がある。

 早急に患者に提供できるよう、一定程度の有効性や安全性が確認されれば保険が適用される、条件付き早期承認制度を特定の病院に限り使うことにした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.