天気予報を見る
 
新聞購読申込

パーキンソン病iPS治験8月に/世界初、保険適用目指す

2018/07/30 13:05

 人の皮膚から作ったiPS細胞(山中伸弥教授提供)
 人の皮膚から作ったiPS細胞(山中伸弥教授提供)

 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経のもとになる細胞を作り、パーキンソン病患者の脳内に移植する治験を実施する高橋淳・京都大教授のチームは30日、治験を8月1日から始めると発表した。パーキンソン病でのiPS細胞を利用した治験は世界初となる。患者数人を募集し医師主導治験を開始し、新たな治療法として保険適用を目指す。患者団体からは治療の選択肢が広がると期待の声が上がるが、iPS細胞にはがん化の懸念もあり、慎重な実施が求められそうだ。

 詳細は30日午後3時から京大で記者会見し説明する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.