天気予報を見る
 
新聞購読申込

医師が肺結核、患者検査へ/日本医科大病院

2018/07/19 12:36

 日本医科大病院(東京都)は19日、耳鼻咽喉科・頭頸部外科の医師が肺結核を発症したと発表した。院内感染は確認されていないが、医師が受け持っていた患者ら約380人への検査を進める。

 医師は9日に「6月ごろから夜間のせきがひどくなっている」と言って病院で検査を受け、翌日に陽性反応が出た。11日に他の病院に入院。発症した経緯は分かっていない。診療時はマスクを着用していたという。

 同じ診療科の医師や看護師ら75人に胸部エックス線検査を行ったが、発症者は確認されていない。今後、接触した時間が長かった患者や免疫が下がっている糖尿病患者にも検査を実施する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.