天気予報を見る
 
新聞購読申込

甲状腺検査の不利益説明を、福島/県の健康調査で議論

2018/07/08 18:37

 福島市で開かれた福島県「県民健康調査」検討委の部会=8日午後
 福島市で開かれた福島県「県民健康調査」検討委の部会=8日午後

 東京電力福島第1原発事故の健康影響を調べる福島県の「県民健康調査」検討委員会の部会が8日、福島市内で開かれ、甲状腺検査で治療の必要がないがんを見つけてしまう可能性があるとの指摘に関し、検査を受けることの不利益などインフォームドコンセント(説明と同意)の取り方を今後も議論することを確認した。部会長の鈴木元・国際医療福祉大クリニック院長は終了後、本年度中には取りまとめたいと取材に明らかにした。

 甲状腺検査は県内全ての子ども約38万人を対象に2011年度から始まり、今年5月からは4巡目が始まっている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.