天気予報を見る
 
新聞購読申込

石坂公成氏が死去/アレルギー物質発見

2018/07/06 11:21

 死去した石坂公成氏
 死去した石坂公成氏

 花粉症などのアレルギー疾患の原因物質である免疫グロブリンEを発見した、米ラホイヤアレルギー免疫研究所名誉所長で山形大特別招聘教授の石坂公成(いしざか・きみしげ)氏が6日午前7時58分、心不全のため山形市の山形大病院で死去した。92歳。東京都出身。

 1948年東京大卒。国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)を経て、米ジョンズホプキンズ大教授や京都大教授などを務めた。アレルギー疾患の発症機構を分子レベルで解明。米免疫学会長も務めた。74年に文化勲章を受章、2000年に日本国際賞を受けた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.