天気予報を見る
 
新聞購読申込

ゲノム編集技術を応用、がん抑制/川崎医大、治療法開発期待

2018/06/27 01:00

 生物の遺伝子を改変できる「ゲノム編集」技術を応用し、がん細胞の増殖を抑えられる技術を開発したと、川崎医大(岡山県倉敷市)や広島大などのチームが27日付の海外のがん専門誌電子版に発表した。

 マウスを使った実験で増殖抑制に成功しており、肺がんや食道がんの新たな治療法開発の基盤となり得るとしている。

 チームによると、開発したのは「マルチガイドCRISPRi(クリスパーインターフィアランス)」という技術。特定の遺伝子の情報を読み取れなくする塩基配列をがん細胞に取り込ませることで、がん遺伝子を働かなくして増殖を抑える手法で、一度に複数の遺伝子を標的にできる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.