天気予報を見る
 
新聞購読申込

米、大麻成分でてんかん治療/FDAが初承認

2018/06/26 10:27

 大麻草の成分が含まれる治療薬「エピジオレックス」(AP=共同)
 大麻草の成分が含まれる治療薬「エピジオレックス」(AP=共同)

 【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は25日、重いてんかんの発作を起こす病気のうち二つを対象に、大麻草から抽出した成分を治療薬として初めて承認した。成分はカンナビジオールで、別の成分のテトラヒドロカンナビノール(THC)のように高揚感などの幻覚作用をもたらすことはないとしている。

 承認したのは英医薬バイオ企業「GWファーマシューティカルズ」が製造、販売する「エピジオレックス」で、レノックス・ガストー症候群とドラベ症候群が適応。

 欧州では大麻草由来で、カンナビジオールとTHCの割合がほぼ半々の鎮痛剤が流通している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.