天気予報を見る
 
新聞購読申込

CT診断共有せず患者死亡/横浜市大、がんの疑い指摘

2018/06/25 21:21

 記者会見で謝罪する横浜市立大病院の相原道子病院長(左端)ら関係者=25日午後、横浜市役所
 記者会見で謝罪する横浜市立大病院の相原道子病院長(左端)ら関係者=25日午後、横浜市役所

 横浜市立大病院(横浜市金沢区)は25日、同市の60代男性がコンピューター断層撮影装置(CT)検査で「腎臓がんの可能性」と診断されながら院内で情報共有されず、検査から約5年半後に死亡したと発表した。

 病院によると、男性は心臓の疾患で通院中の2012年10月に検査を受け、放射線科の医師が画像から「腎細胞がんの可能性を排除する診断が望まれる」との報告書を作成していたが、検査目的と異なる部位だったため、診断結果を主治医に直接伝えなかった。

 男性は今年2月、他の病院でのCT検査でがんの転移を疑われた。3月に市立大病院で腎臓がんが見つかり4月に腎臓がんで亡くなった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.