天気予報を見る
 
新聞購読申込

低所得ほど長時間介護傾向/生活保護受給者は2・7倍

2018/06/25 16:17

 低所得者ほど長時間家族を介護する傾向が強いことが25日までに、国立長寿医療研究センターの調査で分かった。週72時間以上介護している65歳以上の高齢者の場合、所得が318万円以上の人に対し、生活保護受給者は約2・7倍だった。行政から外部サービスに関する情報が入りにくかったり、身近に相談できる人がおらず孤立していたりする可能性がある。

 調査は、2013年に実施した「日本老年学的評価研究」のデータを分析。在宅介護の65歳以上の男女1598人を所得で分け、週当たりの介護時間を測定した。所得は、世帯人数に応じた可処分所得を考慮し、1人当たりの金額を算出した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.