天気予報を見る
 
新聞購読申込

日本医師会会長に横倉氏4選/一騎打ち制す

2018/06/23 12:43

 任期満了に伴う日本医師会(日医)の会長選挙が23日、東京都文京区の日本医師会館で行われ、現職の横倉義武会長(73)が、対立候補で前奈良県医師会長の塩見俊次氏(68)を破り4選を決めた。日医は会員約17万人で、会長の任期は2年。

 横倉氏は福岡県出身。2012年の会長選で現職だった原中勝征氏を破って初当選し、14年に無投票で再選。16年は対立候補を破って3選を果たした。17年10月から世界医師会会長。選挙では、かかりつけ医機能の充実や健康寿命の延伸対策を訴えた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.