天気予報を見る
 
新聞購読申込

がん転移促進物質発見、滋賀医大/新薬開発に道

2018/06/19 17:15

 がんの転移を促進する「EMP1」というタンパク質を発見したと、滋賀医大の扇田久和教授(分子病態生化学)のチームが19日、発表した。

 EMP1の量を把握できれば転移しやすいかどうかの目印になり、働きを抑える物質を見つけられれば、転移や周囲への広がりを防ぐ新たな薬剤を開発できる可能性があるとしている。

 成果は国際専門誌電子版に掲載された。

 扇田教授は、がんで亡くなるのは転移によるものが多いとし、「転移を抑制することで、がんによる死亡を減らしたい」と話している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.