天気予報を見る
 
新聞購読申込

受動喫煙対策法案が衆院委可決/飲食店の55%例外巡り批判

2018/06/15 19:30

 居酒屋での喫煙の様子
 居酒屋での喫煙の様子

 受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案は15日の衆院厚生労働委員会で、自民、公明、国民民主の賛成多数で可決された。与党は19日の本会議で衆院を通過させ、参院に送付する考え。

 飲食店の55%が例外として喫煙できることを巡り、野党からは「従業員や患者など弱い立場の人が受動喫煙を余儀なくされる」などの批判が相次いだ。

 採決に先立ち参考人聴取が行われた。全国がん患者団体連合会の天野慎介理事長は、飲食店の例外措置について「例外はあくまで限定的にするべきだ」として、早期の見直しを求めた。

 政府は東京五輪・パラリンピック開催の2020年4月の全面施行を目指している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.