天気予報を見る
 
新聞購読申込

加熱式たばこ分煙で飲食可能に/都条例案、国と基準合わせ

2018/06/05 17:41

 受動喫煙防止の法案と東京都案
 受動喫煙防止の法案と東京都案

 日本で広がりつつある加熱式たばこ
 日本で広がりつつある加熱式たばこ

 東京都は5日、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、6月の都議会定例会(12日開会)に提出する受動喫煙防止条例案を公表した。従業員を雇う飲食店は面積にかかわらず原則屋内禁煙とする。一方、加熱式たばこは紙巻きたばこと区別し、専用の喫煙室を設けて分煙すれば、喫煙できるようにした。喫煙室では飲食も可能。

 都が4月に発表した条例骨子案では、加熱式、紙巻きにかかわらず、全てのたばこについて、飲食できない「喫煙専用室」でのみ喫煙可能としていたが、国が今国会で成立を目指している健康増進法改正案の基準に合わせた。

 6月議会で成立すれば20年4月に全面施行する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.