天気予報を見る
 
新聞購読申込

遺伝子改変で認知症原因物質抑制/米国チームが脳細胞で実験

2018/06/01 00:22

 【ワシントン共同】人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った脳細胞で、アルツハイマー病との関連が疑われる遺伝子を改変すると、原因物質の分泌が抑えられたとの実験結果を米国の研究チームが31日付の米科学誌ニューロン電子版に発表した。

 遺伝子は「アポE」と呼ばれる。100人に14人程度はこの遺伝子に特定の変異があり、他の人よりアルツハイマー病を発症する危険性が高いことが分かっている。

 米マサチューセッツ工科大などのチームは、健康な人のiPS細胞から脳の神経細胞などを作製。一部はゲノム編集技術でアポEに変異を持たせ、両方を観察した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.