天気予報を見る
 
新聞購読申込

WHO、世界でなお2割喫煙/年間700万人が死亡

2018/05/31 10:10

 北京市内のタバコ店
 北京市内のタバコ店

 【パリ共同】世界保健機関(WHO)は31日「たばこ規制枠組み条約」が定める喫煙規制の広がりにより、欧米などの高所得国を中心に喫煙人口が減っているものの、世界でなお15歳以上人口の20%がたばこを吸っているとの報告書を発表した。アジア、東欧などの中・低所得国で減少スピードが遅くなっているとしている。31日はWHOが定めた「世界禁煙デー」。

 WHOは喫煙による死者が世界で年間700万人以上に達していると強調。「喫煙に心臓発作や脳卒中を引き起こす恐れがあるとの知識を持つ人はまだ少ない」と指摘、喫煙や受動喫煙の健康リスクについて一層の啓発活動が重要だとしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.