天気予報を見る
 
新聞購読申込

運転手の乗務前の睡眠確認義務化/6月からバス、トラック

2018/05/21 18:10

 国土交通省は、バスやタクシー、トラックの事業者に対し、運転手の睡眠状態を乗務前に確認するよう、6月1日から義務付ける。居眠り運転による事故が相次いだためで、睡眠不足が分かった場合は運転を禁止する。

 国の規則では、乗務前の運転手を営業所で点呼する際、病気や疲労、飲酒がないか確認して記録。該当する場合は、乗務させてはならないと定めている。

 国交省は今回、この規則を改正し、確認項目に「睡眠不足」を追加。運行管理者が口頭と目視で運転手の状況を確認する。睡眠不足を知りながら乗務を認めた場合は、業務停止などの行政処分の対象となる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.