天気予報を見る
 
新聞購読申込

進行性認知障害をAIで判別/松江の会社がプログラム販売

2018/05/18 18:52

 記者会見する滋賀医科大の椎野顕彦准教授=18日午後、大津市
 記者会見する滋賀医科大の椎野顕彦准教授=18日午後、大津市

 認知症の前段階とされる軽度認知障害(MCI)が進行性のものかどうかを、脳画像を人工知能(AI)で解析して判別できるコンピュータープログラムの販売を始めたと、松江市のデータ統計・分析会社「ERISA(エリサ)」などが18日、発表した。早期診断や治療に役立つと期待されるとしている。プログラムは滋賀医科大(大津市)が開発した。

 MCIは認知機能の低下は見られるが認知症にまで進行していない状態。同社によると、MCIと診断されてから3年以内に認知症へ進行したケースは全体の約3分の1とする海外の研究データがあるという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.