天気予報を見る
 
新聞購読申込

経口中絶薬で健康被害/厚労省、注意呼び掛け

2018/05/14 21:50

 厚生労働省は14日、インターネットでインド製と表示された経口妊娠中絶薬を個人輸入し、服用した20代の女性に、多量の出血やけいれん、腹痛などの健康被害が起きていたと発表した。同省は、医師の処方がなければ個人輸入できない製品にこの中絶薬を指定し、安易に輸入したり、使用したりしないよう注意を呼び掛けている。

 4月、女性が健康被害を訴え仙台市の医療機関に入院したことで発覚した。女性は回復し、既に退院しているという。

 厚労省によると、服用したのは製品名が「Miso―Kare Misoprostol Tablets IP 200 mcg」などの服用薬。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.