天気予報を見る
 
新聞購読申込

おたふくワクチン定期接種を要望/学会など厚労省に

2018/05/14 11:56

 日本小児科学会や日本感染症学会など17団体は14日、現在は任意接種のおたふくかぜワクチンを国が公費助成し、定期接種とするよう求める要望書を厚生労働省に提出した。

 おたふくかぜにかかると、子どもを中心に千人に1人の割合で難聴になるとの調査結果がある。要望書は「予防接種を行うことでこうした重い合併症を減らすことができる」としている。

 おたふくかぜはムンプスウイルスが原因の感染症で、耳の下の腫れや発熱が起きる。はしかや風疹との混合ワクチンとして一時は定期接種されたが、副作用が問題になり中止された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.