天気予報を見る
 
新聞購読申込

セクハラ半数、患者側から/12%が被害、看護・介護職

2018/05/11 16:59

 日本医療労働組合連合会(医労連)は11日、看護や介護、福祉の職場で働く20〜30代を中心にハラスメントに関する調査を実施したところ、8人に1人(12・0%)がセクハラ被害の経験があると回答し、セクハラの加害者は約半数が患者・家族だったと発表した。

 昨年3〜9月、全国の病院や福祉施設などを対象に調査。過去3年間の被害実態を聞き、看護職や介護職、事務職など男女7225人が答えた。

 セクハラの加害者で最も多かったのは「患者・家族」で49・7%。次いで病院内での医師と看護師、技師といった「他職種」が16・4%、「先輩」が13・7%だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.