天気予報を見る
 
新聞購読申込

睡眠時無呼吸と高血圧関連/京大、糖尿病も

2018/05/09 09:00

 寝ている間に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」(SAS)と、高血圧や糖尿病のリスクとの間に関連性があることが分かったと、京都大の陳和夫特定教授(呼吸器内科学)のチームが9日、国際学術誌電子版に発表した。

 現段階では因果関係は不明としている。

 チームは2013〜17年、男女計約7千人を対象に、睡眠の状態と生活習慣病との関係性などを調べた。

 すると、SASがあると高血圧のリスクが高く、SASが重症なほどリスクも高いことが判明。

 糖尿病は女性だけで関連性が認められ、閉経前の女性では、治療が必要とされる中等症以上のSASがあると、糖尿病のリスクが28倍だった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.