天気予報を見る
 
新聞購読申込

水俣病認定制度の見直しを、熊本/公式確認から1日で62年

2018/04/30 19:17

 水俣病被害者・支援者連絡会が開いた集会=30日午後、熊本県水俣市
 水俣病被害者・支援者連絡会が開いた集会=30日午後、熊本県水俣市

 四大公害病の一つ、水俣病の公式確認から5月1日で62年となるのを前に、患者や被害者らでつくる水俣病被害者・支援者連絡会は30日、熊本県水俣市で集会を開いた。国の患者認定制度などに対する批判の声が上がり、見直しを求めるアピール文をまとめた。

 集会には約110人が参加。水俣病不知火患者会の森正直さん(67)は「重症者だけが患者ではない。苦しんでいる人々が数多く放置されている」と訴え、認定制度の基準を改めるよう求めた。2009年施行の水俣病特別措置法が定める健康調査を、国がまだ実施しないことも批判した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.