天気予報を見る
 
新聞購読申込

大阪府も受動喫煙で厳格な条例/愛煙家の松井知事、消極一転

2018/04/27 17:31

 記者の質問に答える大阪府の松井一郎知事=27日午後、大阪府庁
 記者の質問に答える大阪府の松井一郎知事=27日午後、大阪府庁

 大阪府の松井一郎知事は27日、受動喫煙防止対策条例を制定し、政府提出法案より厳しい規制を設ける意向を表明した。自身は愛煙家で、これまで条例化に消極的だったが「健康をテーマに万博を誘致しているのに、知事が国の基準で十分と言うのは違うと、吉村洋文大阪市長から詰められた」と経緯を明かした。

 大阪府市は健康、長寿を主要テーマに2025年の国際博覧会(万博)誘致に取り組んでいる。吉村氏は26日、提出法案より厳格な対策を考えるべきだとしていた。

 喫煙を認めるケースでは、松井氏らは「店舗面積30平方メートル以下のバーやスナック」などへと厳格化する考え。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.