天気予報を見る
 
新聞購読申込

名古屋ではしか、新たに2人/感染者と同じ病院を受診

2018/04/24 12:30

 名古屋市は24日、市内に住む女子中学生2人がはしかに感染していたと発表した。既に感染が判明している、沖縄県を旅行した10代男性が訪れた同市昭和区の病院を同じ日に受診しており、男性を介して感染が広がった可能性が高いという。

 男性から感染したとみられる名古屋市でのはしかの判明は、この病院の医療事務の女性と合わせて3人となった。市は2人が通う学校や学習塾などに連絡し注意を呼び掛けている。

 市によると、2人は9日、はしかとは別の症状でこの病院を受診。男性も同日に同じ病院を訪れていた。2人とも19日に発熱があり、市衛生研究所の遺伝子検査で感染が確認された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.