天気予報を見る
 
新聞購読申込

ゲーム障害「重く受け止め対策」/ソニーの吉田社長

2019/05/22 16:56

 取材に応じるソニーの吉田憲一郎社長=22日、東京都内
 取材に応じるソニーの吉田憲一郎社長=22日、東京都内

 ソニーの吉田憲一郎社長は22日、世界保健機関(WHO)がゲームのやり過ぎで日常生活に支障を来す「ゲーム障害」を国際的に病気と正式認定する見通しについて「重く受け止めて対策をしないといけない」と述べた。具体的な対応は言及しなかったが、一段の規制に乗り出す可能性がある。共同通信などの取材に応じた。

 WHOは28日までジュネーブで開催中の年次総会で、ゲーム障害を新たな依存症として加えた「国際疾病分類」最新版を採択する予定だ。スマートフォンの普及もあってゲーム依存が世界で問題視されており、日本など多くの加盟国が支持している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.