天気予報を見る
 
新聞購読申込

厄介ながん見つける目印に/金沢大発見のペプチド

2019/05/18 00:11

 転移したり、薬が効かなくなったりしたがんに集まりやすいとみられる、少数のアミノ酸が結合した「ペプチド」を発見したと、金沢大の酒井克也助教(分子生物学)らのチームが17日付で科学誌ネイチャー・ケミカル・バイオロジーに発表した。厄介ながんを見つける目印として使えれば、画像診断の性能を向上させられるという。

 酒井氏らは、がん細胞の転移を促したり、抗がん剤への抵抗性を強めたりするタンパク質「HGF」に結合するペプチドを狙って、探し出した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.