天気予報を見る
 
新聞購読申込

「認知症数値目標は実現可能」/厚労相、70代の発症抑制で

2019/05/17 11:09

 根本匠厚生労働相は17日の記者会見で、認知症対策の新大綱素案に掲げた「70代の発症を10年間で1歳遅らせる」との数値目標に関し、「実現可能性のある目標だと考えている」と述べた。

 根本氏は目標達成に向け、運動不足の解消や高齢者らが集まって交流する「通いの場」の拡充といった施策を進めると強調した。

 認知症の予防法は確立されておらず、目標を実現できるかどうかは不透明だとの指摘もある。

 政府は16日の有識者会議で2025年までの新大綱素案を提示。「予防」を打ち出し、認知症の人が暮らしやすい社会を目指す「共生」とともに2本の柱と位置付ける。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.