天気予報を見る
 
新聞購読申込

政府、認知症の治療法開発強化/「未発症」の治験推進が柱

2019/05/16 21:16

 政府は認知症の治療法の開発強化に乗り出す。治療薬の臨床試験(治験)に、認知症になる可能性がある人の参加を増やす仕組みを構築するのが柱で年内に始める。こうした「未発症」段階での研究を推進することにより発症のメカニズムを解明し、早期の診断や予防法の開発につなげる。16日に公表した認知症対策の大綱素案に明記した。

 認知症の治療法は現在、確立されていない。脳に病変はあるが、症状が出ていない人を集めることが難しく、研究開発のネックになっているとの指摘がある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.