天気予報を見る
 
新聞購読申込

258グラムで出生、近く退院へ/男児では世界最小、長野

2019/04/19 10:18

 長野県立こども病院で誕生した258グラムの男児=2018年10月5日(同病院提供)
 長野県立こども病院で誕生した258グラムの男児=2018年10月5日(同病院提供)

 長野県立こども病院(同県安曇野市)は19日、昨年10月に258グラムの男児が誕生し、順調に成長して近く退院する見込みだと発表した。病院側は、元気に退院する男児としては世界最小になるとしている。

 世界の超低出生体重児を記録する米アイオワ大のデータベースによると、これまで男児で世界最小だったのは、慶応大病院で2018年に268グラムで生まれた東京都の赤ちゃんだった。

 体重千グラム未満で生まれる超低出生体重児の救命率は、300グラム未満になると特に低くなるとされる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.