天気予報を見る
 
新聞購読申込

意見公募は「賛成に誘導」と批判/研究者ら、新出生前診断拡大で

2019/03/21 16:46

 妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる「新出生前診断」の実施施設の拡大を巡り、日本産科婦人科学会がインターネットなどで始めた意見公募に、遺伝学の研究者らが21日までに「(質問や選択肢は)人権への配慮が欠け、賛成に誘導する恐れもある」と批判の声を上げた。

 学会は、現時点で検査実施可能な施設を大学病院など92カ所に限定しているが、研修を受けた専門医がいるより小規模な病院にも拡大する方針。24日まで実施する意見公募の結果や他の学会の意見を踏まえ、4月以降に正式決定する。

 市民団体「グループ生殖医療と差別」も「設問や選択肢が恣意的だ」と批判する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.