天気予報を見る
 
新聞購読申込

医療費審査システム活用されず/会計検査院、厚労省に意見

2019/03/19 18:35

 会計検査院は19日、医療機関から請求された医療費を審査する各地の国民健康保険団体連合会のコンピューターシステムを調べた結果、約5100項目を自動点検できるにもかかわらず、最大で約3千項目が活用されていなかったと明らかにした。

 システムは作業効率化を目的に開発されたが、仕様が現場のニーズに合っていない可能性がある。検査院は、所管する厚生労働省に統一的な点検の実施などを求める意見を出した。厚労省は「実態を把握し、連合会などと協議する」としている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.