天気予報を見る
 
新聞購読申込

大阪府、はしか拡大防止を議論/感染者数全国突出

2019/02/28 18:27

 大阪府は28日、風疹や感染者数が全国で突出しているはしかの対策部会を開いた。国立感染症研究所の専門家や医師らが出席し、感染拡大の背景や防止に向けた課題について議論した。

 府によると、はしかの患者報告数は全国222人(17日時点)。大阪は24日時点で96人。20〜30代の発生割合が高く、あべのハルカス(大阪市阿倍野区)の集団感染のほか海外から帰国後に発症したケースもあった。

 国立感染症研究所感染症疫学センターの島田智恵主任研究官は、年々増加する大阪への訪日外国人客を背景にはしかウイルスが流入する機会が増えていると指摘した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.