天気予報を見る
 
新聞購読申込

がん発見、AIがサポート/業界注力、医療の質向上へ

2019/02/25 18:19

 オリンパスが発表した、AIを搭載した内視鏡画像診断ソフトウエアの機器=25日、東京都中央区
 オリンパスが発表した、AIを搭載した内視鏡画像診断ソフトウエアの機器=25日、東京都中央区

 オリンパスは25日、人工知能(AI)が大腸内の内視鏡画像を解析するソフトウエアを3月8日に発売すると発表した。医師ががんを見つける手助けをする。内視鏡分野では国内で初めて薬事承認を受けたAI製品だという。AIを使った技術に各社が注力しており、実用化が進めば医療の質向上につながりそうだ。

 大腸内の拡大した細胞核や血管の撮影画像から、がんの可能性がある腫瘍かどうかを瞬時に数値で表示する。経験が浅い医師は腫瘍を見逃すこともあるというが、AIに約6万枚の画像を学習させており、精度は熟練の医師並みという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.